小径車ライフと自転車の選び方

HOME > 代表的な小径車
代表的な小径車・スモールバイク/div>

たくさんの種類がある小径車、いくら検討してほしい特徴がきまっても、結局たくさんの候補が見つかり悩んでしまうかもしれませんね。

ここでは、おすすめの小径車、いわゆるスモールバイクをいくつかご紹介します。

Tyrell CX TOURER

ロングツーリングを快適にサポートするツーリング仕様モデルのツアラー。CXをベースにランドナー的要素取り入れ、泥除けやリアキャリアの装着も可能なこのツアラーの魅力を紹介します。

BRUNO MINI VELO 20ROAD

フレームサイズは460mm,510mm,540mmの3サイズが設定されているためどんな体格でもマッチするレトロスタイルなスイス発ブランドブルーノのミニベロ。味わい深いブルーノの魅力をご紹介します。

GIANT IDIOM 0

スポーティな走りを目指して開発されたジャイアントの上級グレード「イディオム」。フレームサイズが385mmのワンサイズのイディオムにマッチした体系は一体どのくらいでしょうか。

LOUIS GARNEAU MV C

究極のミニベロMV Cは小径ながらも本格的なロード並みの走行性能を追求した珠玉の1台。軽さと強度を両立したMV Cを詳しくご紹介します。

BRIDGESTONE ordina L5

ベーシックながらも高い性能を備えたオルディナシリーズ初のミニベロ。ブリジストンのこだわりが詰まった1台です。

GIOS PANTO

本格的なロードモデルを展開するジオスの小径車シリーズの中で、最もスポーティーなパント。走行性能を重視したパーツ採用となっている。

Manhattan M451R

ホリゾンタルフレームに、シンプルなカラーリングのM451Rは、クラシカルなロードレーサーのようなモデル。小径車ながらも高い安定性を実現しています。

KHS P-20RTI

軽量なチタンフレームに、上級コンポを組み込んで、高い走行性能を追求したハイエンドモデル。色もホワイトで統一した注目の1台です。